toggle

歩行器の選び方について

歩行器のレンタル条件

要支援1から介護保険レンタルが可能です。

足や腰に痛みがある方、筋力やバランス感覚が低下していて、杖と歩行に不安がある方はぜひ歩行器のレンタルをご利用ください。

歩行器とシルバーカーの違い

歩行器は介護保険レンタルの対象

自立歩行が難しい方用に作られており、ハンドル部分がU型になっている。

シルバーカーは介護保険レンタルの対象外

※市町村によっては、シルバーカーを購入する際に補助が出るところもあります。

自立歩行が可能な人用で、あくまでお散歩やお買い物の補助として使うことが多い。

そのため、バックが大きく作られていたり、持ち運びが楽なように超軽量タイプのモノなど様々な種類が出ています。

歩行器の種類と特徴

固定型歩行器

フレームが固定されている歩行器で、体を支えながら前進していくタイプの歩行器になります。

主に室内で利用。さらに立ち上がる際も手すりとして利用することができます。

ただし、歩行器を持ち上げる動作が必要になるので、上半身の筋肉がある程度ついている方やバランスが取れる方でないと、使うのが難しいかもしれません。

固定型は下肢筋力低下や痛みがある方におすすめです。
※上肢に麻痺があり片腕しか使えない方用の歩行器もあります。

交互型歩行器

左右のフレームを交互に動かして前進するタイプの歩行器になります。

通常の歩行のように左足を出すときは右フレーム、右足を出すときには左フレームを出し使用します。

左右どちらかが地面に接地しているので、安定感がありますが、体を交互に動かすので、バランス感覚が低い方や、体の動きがスムーズでない方にはおすすめできません。

固定型に比べると運動能力が必要になります。

片足に痛みがある方にはおすすめ。

キャスター付き歩行器(歩行車)

足にキャスターが付いているため、スムーズに歩行ができます。

前足にキャスターがついているものと、4つ足全部にキャスターが付いているものがあります。

※前輪タイプは後ろのフレームを持ち上げて前に進む。反対に下に力を加えることで後ろについているサスペンションが地面に着くことでブレーキとなり止まる。

弱い力でも利用できますが、操作が難しいのがデメリットです。

4輪タイプは持ち上げなくてもスーパーのカートを押すような感覚で利用できますが、4輪全てがキャスターになっているので、前に出し過ぎてバランスを崩すことがあるため、注意が必要となります。

歩行車は4輪のものが多く、中には配膳用のトレーがついているものもあります。

立った状態だとバランスが取りづらい方には、上肢を支える肘支持型歩行器がおすすめです。

また、長距離を歩くのが困難で途中椅子に座って休憩したい方には、椅子付きの歩行車がおすすめです。

電動付き歩行器

坂道での歩行が不安な方には、電動付き歩行器がおすすめです。

上り坂ではパワーアシストと言ってハンドルを押し込むと動力で動力アシストしてくれます。

下り坂ではエンジンブレーキのように自動で減速してくれ、手を離してしまっても自動でブレーキがかかるので、安心して利用できます。

介助される方で押す力が弱い方におすすめです。

歩行器選びのポイント

場所の確認

歩行器を利用する際は、まずどこで利用するかを確認しましょう。

例えば、室内であれば室外と比べて段差は少ないと思うので、安定性の高いものを選ぶのが良いです。

ただ、廊下や曲がり角は狭いことが多いので、コンパクトで小回りの効くものだとより効果的に利用できるはずです。

室外で利用するなら段差が多く、路面状況も良くないので、手動ブレーキが付いたものが良いでしょう。

ただ室外で利用するため、持ち運びや保管場所を確認する必要があります。

一人で利用する場合は、「持てる重さなのか?」「玄関まで運ぶことができるのか?」を…

外に置く場合は、「盗難予防ができているのか?」など確認するようにしましょう。

安定性

歩行器を選ぶ上で、最も重要なポイントです。

転倒を予防するために利用するので、安定性・操作性が高いものを選びましょう。

ただ、利用者の身体状況によって変わるため、一概には言えません…。

ただ車輪が大きかったり、幅が広ければ良いというものではありません。

「歩行時の姿勢が良かったり、スムーズに足が運べているか?」「横幅も腕が開き過ぎないで自然な位置にあるか?」など確認する点はいくつかあります。

総合的に見て利用者さんに合った歩行器をおすすめします。

高さ調整

高さ調整をきちんと合わせないと様々な危険が出てきます。

低く設定してしまうと腰が曲がったまま歩行するので、腰痛の原因になり得ます。また、目線が下がるため、前方不注意の状態となり、転倒するリスクが増えます。反対に高く設定してしまうと腕が疲れたり、場合によっては後ろに転倒する危険もでてきます。

適正な位置として、一般的には普通に立って肘がやや曲がり、少し前傾になるぐらいがちょうどいいと言われています。

ただこれも個人差があるので、実際に歩行器を利用して高さを調整する必要があります。

シルバーカーの選び方

基本的に、自立歩行が可能な方が利用します。
※前述の通り、介護保険レンタルの対象外です。

お散歩やお買い物のサポートとして利用する方が多いです。

お買い物がしやすいように「大きめのバッグ」がついているものや、疲れたら休めるように「椅子」が付いているものがあります。

バスや電車を利用する方は、コンパクトで軽量のものを選ぶようにしましょう。

用途に合わせて選べるように多くの種類が用意されており、値段もピンキリです。

近所を散歩する場合

ミドルタイプのシルバーカーがおすすめです。
長距離の散歩をする場合は、椅子が付いているものや貴重品や飲み物を入れるバッグがついているものがおすすめです。

交通機関を利用する場合

バスや電車を利用する際には持ち上げたり、折りたたんだりする必要があるため、軽量・コンパクトなものを選ぶようにしましょう。

ただ、バッグの容量が少なく、椅子が付いていないものも多いので、手荷物をどうするか考えてから購入するように注意しましょう。

買い物に行く場合

近くのスーパーの買い物で利用したい場合は、ボックスタイプとワゴンタイプのシルバーカーがおすすめです。

ボックスタイプは幅が広く安定感があります。
椅子もクッション性があり、ゆったりしっかり座ることができます。

また、椅子の下には大きめの収納スペースがあるので、荷物をたくさんいれることができます。

ただ、本体の重量が重く、荷物を入れると更に重くなり操作しづらいというデメリットがあります。
※動かすのに力が必要となるので注意が必要です。

また、重すぎると低い段差でも超えづらくなるため、荷物の量を考えて買い物をする必要があります。
※ワゴンタイプも同様。

商品によっては、キャスターがシングルとダブルに分かれています。シングルタイプは軽量タイプに多く用いられ、ダブルタイプは道路の溝に落ちづらいという特徴があります。

歩行器と同じようにハンドルの高さを適切な位置に調整して使用しましょう。

まとめ

歩行器は介護保険対象なのに、シルバーカーは対象ではなかったり、ほとんど同じように見えても細かい決まりがあるので注意が必要です。

種類が多く、どれをどうやって選べばよいかわかりづらいので、まずは使用目的を明確にしましょう。そして、必要な機能や重さを確認して決めるようにしましょう。