toggle

車いすの選び方について

車いすのレンタル条件

基本:要介護2以上

例外:ケアマネジャーが必要と判断し、担当者会議にて計画書に記載をすれば、介護保険を通してレンタル可能

※介護保険を通さない自費レンタル可能なところもあり。

車いすの種類と特徴

自走式

自分でハンドルを操作してこぐことができるタイプ。

介助者が押す用のハンドルがついている。

ブレーキ付きのものが多いが、古いものだとブレーキなしのものもある。

特徴

車輪が大きい、安定感あり、低い段差は乗り越えやすい。

重量があり、幅も取るため、車に積むかどうかや事前に使う場所などを確認する必要がある。

介助式

必ずブレーキが付いている。

特徴

自走式より安定感で劣り、地面からの衝撃を受けやすい。

5種類の車椅子をご紹介

1.スタンダードタイプ

病院やイベント会場にある一般的なもの。

複雑な機能が付いていない分、感覚的に操作できるので、初心者でも気軽に使用できる。

使用頻度が少ない方や、念のためレンタルする方におすすめ。

2.多機能・モジュールタイプ

各部品を自由に調節可能。肘置きを跳ね上げたり、フットレストを外すことができる。

利用者の要望に応えやすい。

3.ティルト・リクライニングタイプ

ティルトは、座面と背もたれが連動して倒れる機能。

リクライニングは、背もたれのみ倒れる機能。

お尻や太ももにかかる耐圧を背中や腰に分散できるメリットがある。

長時間座位を保つことが難しい方におすすめ。介護度が重く、寝たきりに近い方が多く利用。

4.6輪タイプ

駆動輪が座面の真下に来るので、小回りがきく。

クランクのような狭い通路でも楽に移動ができる。

狭いお宅や足こぎをする方におすすめ。

5.電動タイプ

動力で動く車いす。3つのパターン。

1.手元のジョイスティックを自分で操作して動かす車椅子

手や腕の可動域に制限がある方や力を入れることが難しい方が利用している。

2.アシスト車いす

介助式で介助者をサポートする。介助者の方が押す力が弱かったり、操作する力が弱くてもハンドルを押すことでアシストするので、傾斜のある坂道でも楽に押すことができます。

3.電動カート

ハンドルを操作して利用。荷物を多く乗せる場合や長距離を移動する方にお勧め。

車いすの主な5つの機能について

1.アームサポート、肘おき

低すぎると前傾になってしまい、高すぎると肩が上がり疲れてしまう。

多機能タイプ以上だと高さが調整できたり、アームサポートが外れたり跳ね上がったりする機能が付いている。ベッドへの移乗の際にも活用できる。

2.背張り機能

背もたれの背張りを調整する機能。

円背、腹筋が弱い方は背張りを緩くすることで、前傾にならずに背中を支えて姿勢を保持することができる。

多くはマジックテープになっているので、簡単に調整可能。

3.スイングアウト機能

フットレストを左右に動かしたり、取ることができる機能。

足こぎをする際にフットレストを外せる。

移動や回転する際も奥行きが短くなるので、動きやすい。

ベッドへ移乗する際もベッドの端まで車いすの座面を近づけることができるので、移乗も楽。

4.ノーパンタイヤ機能

従来はエアタイヤが主流だった → 最近はノーパンタイヤが主流。

エアタイヤのメリット

重量が軽く、クッション性に優れているので乗り心地が最適。長時間を利用や乗り心地優先の方にお勧め。

エアタイヤのデメリット

乗らなくても空気が抜けてしまうので、定期的に空気チェックが必要。空気が入っていないと動きが重く、中のチューブが擦り切れてしまう。

ノーパンクタイヤのメリット

主に中身が樹脂でできているので、パンクの心配がないために、メンテナンスの必要なし。緊急時にもすぐ利用できる。

ノーパンクタイヤのデメリット

エアタイヤより重く、クッション性に劣る。利用頻度が少なく、自宅に置いていく時間が長い方にお勧め。

5.低床機能

足こぎをする際に、座面を下げること。

低床(踵が地面につくぐらいが目安。腕でこぐことが難しく、足こぎする方は踵を使ってこぐことが多いので、実際に試した方が良い。)

中床(約43㎝)標準的な高さ。

標準・高床(床から45㎝以上)背の高い方や足の長い方。

補足
前座高の高さは、ひざ下から踵までの高さ+5~8㎝。座幅はお尻の幅+3~5㎝が目安。

車いすの付属品について

1.車いすクッション

目的

  1. 快適な座り心地と姿勢保持。座り心地優先して選ぶ。座り直しができない、姿勢保持できない方は、背クッション・パッド付きのものを選ぶことで、身体の傾きを修正し、正しい姿勢を保持することができる。
  2. 床ずれ予防。耐圧分散性の高いクッションを選ぶと良い。

素材

  1. ウレタン:ウレタンフォームは低価格で軽く低反発、高反発と様々種類がある。あまり薄いと底付きの可能性もある。
  2. ジェル:液体なので、座れば勝手に耐圧分散するので、座り直しができない方にも効果的。夏は暑く冬は冷たくなる素材。
  3. エアー:空気量を調整することで、お尻の形に調整できたり、固さを調整できたりする。空気漏れ、傷のメンテナンスが必要。

2.ボンベ架

在宅酸素を利用する方が外出時に外用ボンベをかけるために必要。できるだけ邪魔にならないところへ設置すること。必ず車いすと同じメーカーのものを使用する。

3.延長棒

メーカーによって様々。短いものや後ろにつけられているものがある。ブレーキがかけづらい位置に設置してあったり、握力が低下して力を入れることが難しい方にお勧め。

4.ベルト

利用者様が車いすから落ちてしまいそうなときに利用。

5.ヘッドサポート

あたまを支えるときに利用。


リクライニング車いすまで必要なく、置くスペースもないが、頭を支えたいときに利用。一般的な車いすのハンドル部分に設置して利用。頭の位置にフィットできるように、左右・前後・向きなどを細かく調整できるようになっている。

6.エレベーティング

足部をリフトして伸ばすことができる。スイングアウト機能があれば、足の部分のみ交換することができる。骨折や膝関節の病気などで足を曲げられない方におすすめ。

車いすを選ぶポイント

  1. 利用者の体型、身体状況の確認。
  2. 介助者の状況確認。
  3. 利用環境の確認。